ブログ開設にあたって


【ブログ開設にあたって】 活動の趣旨

 沖縄(本)島の名護市以北、山や森の多い自然豊かな一帯をヤンバル(山原)といいます。このヤンバルの東海岸に自然景観に恵まれた辺野古(へのこ)の海が広がっています。美しい辺野古の海は、沖縄県の環境保全指針で「自然環境の厳正な保護を図る区域」であるランク1とされていますが、それは沖縄島ではごくわずかになった自然海岸がみごとに残っているからです。

 ところがこの美(ちゅら、うつくしい)海、稀少な天然記念物・ジュゴンが餌(えさ)場とする豊かな海が今、埋め立ての危機に直面しています。日米両政府が辺野古沖海域とそれに隣接する大浦湾に巨大な米軍基地を建設しようとしているからです。新基地は軍港施設を合わせ持つ、オスプレイや戦闘機用の飛行場です。
 
 2013年末、仲井真(なかいま)沖縄県知事は県民の大多数の反対の声を押し切って、防衛省が申請した辺野古埋め立てを承認しました。しかし14年1月19日におこなわれた名護市長選で名護市民は「辺野古の海にも陸にも基地を造らせない」ことを公約として掲げた稲嶺進(いなみね・すすむ)前市長を再度当選させ、「辺野古新基地建設 NO!」の意思を鮮明に示しました。

 主権在民原理に立つ民主主義の国であれば、政府はこの名護市民の意思を尊重し基地建設計画を取りやめるはずです。ところが、安倍政権は市長選のわずか2日後、埋め立てを進める手続きを開始したのです。埋め立てをおこなうには諸工事が自然環境に及ぼす影響を調査しなければなりませんが、防衛省はその調査を請け負う民間企業を募集する入札の公告を強行しました。この政府の姿勢は名護市民をはじめとする沖縄県民の「新基地建設 NO!」の意思を正面から踏みにじるものであり、県民から激しい怒りが湧き起こっています。

 ところで防衛省が求める「調査」の結果が同省にとって都合のいいものになることは言うまでもありません。そこで私たちは調査を請け負う民間企業に防衛省に協力しないよう働きかけようと思います。このブログは防衛省の動きを監視し、調査を請け負う企業の特定に努めます。そして調査を請け負う企業が判明したら、それらの企業が防衛省による美しい辺野古の海の埋め立てに協力しないよう要請する活動を全国のみなさんに呼びかけようと思います。

 辺野古新基地建設を阻止する方法はいろいろ考えられると思いますが、私たちのこの活動はそれらの動きの一環として大事な役割を果たすと思います。
 このブログは事実を正確に伝えます。みなさんが情報を活用してくださることを心から期待します。        本ブログ編集部 2014年2月20日     

2018年2月16日金曜日

大成抗議:2月20日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&新宿西口スタンディング

恒例の大成建設抗議を2月20日(火)17:30~@新宿センタービル本社前で行います。6時ごろから新宿駅西口に移動してスタンディングを行います。よろしくご参集ください。

2018年1月21日日曜日

五洋抗議:1月23日(火)17:30~@飯田橋駅東口

今年初めての五洋建設抗議を1月23日(火)17:30~18:30まで本社に近い飯田橋東口で行います。スタンディングとチラシまきです。よろしくご参集ください。

2018年1月13日土曜日

大成抗議:1月16日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&西新宿地下スタンディング

明けましておめでとうございます。今年も引き続き大成建設と五洋建設抗議を続けていきます。1月16日火曜日17:30~、新宿センタービル大成建設本社前で抗議をします。辺野古現地では、工事が進んでいます。リレートークをしますので、アピールしたいことを用意して下さい。今年も頑張りましょう。

2017年12月25日月曜日

大成抗議:12月19日報告@福岡支社

2017.12.19大成建設要請行動報告
参加人数4人。今日はやむを得ない。死刑の執行が行われ、抗議のビラまきが天神があり、この後、警固公園で毎月定例の19日のデモ行進があり、パルコ前でのウイメンズ・アクション、辺野古アクションといくつもの行事が重なったためである。4人で何とか工夫して、大成建設要請行動を成し遂げることができた。
(1)要請書による訴え(Oさん)
                                        要請書
 「辺野古米軍新基地建設工事の受注を撤回し、工事の即時中止を要請します」
私たちは、沖縄県名護市・辺野古に米軍新基地は作らせないことを選挙で示し、平和のために行動し続ける沖縄県民と連帯して福岡で行動する市民の集まりです。
普天間第二小学校に米軍ヘリから落下物。あわや大惨事!
1213日、普天間基地内の普天間第二小学校の運動場に米軍ヘリコプターCH53Eから 7.7Kgの窓枠が落下しました。運動場は54人の児童が体育の授業中でした。しかも、子ども達の場所から13mしか離れてなくて、その衝撃で小石が小学生の男子児童の左腕に当たり痛みを訴えました。子ども達は「きゃー」と悲鳴をあげ、校舎に逃げ込み、泣き出す子もいました。ポール・ロック米海兵隊太平洋基地司令官は「極めて深刻に受けとめ、原因を調査している。住民に不安を与えお詫び申し上げる」と謝罪しました。富川副知事は「沖縄に配属された全米軍機の緊急総点検と点検終了までの飛行中止」を申し入れました。が、いまだに小学校の真上をヘリコプターやオスプレイが飛行し、反省のかけらも見られません。そもそも19596月宮森小学校の米軍機の墜落事故で死者17人、重軽傷者210人という大惨事があったこともあり、小学校の上は飛行しないと約束されているのですが、守られたことはありません。高江でも小学校の真上をオスプレイが飛んでいて苦情が出されています。
また、ダリン・クラーク大佐は小学校を訪れ謝罪し、「小学校の上は、最大限飛ばない」と報告しました。しかし、小学校の喜屋武校長は「最大限でなく『飛ばない』という回答を文書で頂きたい」と要求しました。そして、翁長知事をはじめ、抗議の声が上がっています。県市町村議会決議が、県議会、南風原町、中城村、嘉手納町、宜野湾市、那覇市、から上がっています。まだまだ上がってくるでしょう。名護市はオスプレイ墜落1周年の抗議集会に3000人が結集し、窓枠墜落にも抗議の声を上げました。
安倍政権は、「普天間飛行場の固定化を避けるためには、辺野古への移設が唯一の解決策」と繰り返していますが、辺野古や高江に移設すれば果たして解決するのでしょうか。その辺野古の海で昨年1213日にオスプレイが墜落事故を起こし粉々になっています。そして今年の1014日には、高江のヘリパット近くの農家の畑でヘリコプターの炎上事故が起こっています。辺野古や高江に新基地が出来ればそこで事故が発生することは、この2つの事故が証明しています。米軍基地を何処かに移設すれば事故が起こらなくなるという言い分は間違っているのです。唯一の「解決策」は、今すぐ普天間基地における米軍の軍事活動を全て停止し、基地を撤去することなのです。それが今回の子どもを巻き込む大惨事の危険性があった落下事故を再び起こさないための唯一の「解決策」なのです。日本政府、そして米軍は今すぐ普天間基地を閉鎖し、基地を撤去しなさい!そして、大成建設は、このような事故を起こす、人殺しのための新基地建設を即刻中止し、辺野古から撤退しなさい!
 石材の海上搬送を強行する防衛局 
防衛局は、ゲート前の住民達の座り込みによって、石材のダンプ搬送が大きく遅れていることから、国頭村奥区と本部町からの海上輸送を始めたのです。
奥区では区民総会で、満場一致で反対決議が採択されましたが、小野寺防衛大臣は「県の了解をいただいている」と無視しました。翁長知事は「騒音や通行制限など、住民の生活に影響が出ている。取り消しを含めて重大な決意で臨む」「指示を守らなければ、県港湾管理条例13条に基づき、許可を取り消す」と業者に伝えました。知事は区民の意志を反映した判断だと強調しました。
 奥区には国道58号線沿いに奥小学校があり、毎日40台のダンプトラックが列をなして、2往復(4回通行)する。その間道路を自由に通れなくなる。その様な生活がこれから毎日続くのです。子ども達は授業に集中できなくなるでしょう。茶畑が広がる静かな自然環境は、毎日のダンプの廃棄ガスで壊されてしまいます。その様な生活がずーっと続くことが許されるとでも思っているのですか。
 本部港でも港湾管理問題ですったもんだし、住民の反対運動が巻き起こり、ダンプトラック前に立ちふさがる果敢な阻止行動が闘われています。今や辺野古新基地建設反対の住民闘争は、ゲート前、辺野古の海、奥の住民、本部の住民、そして全国へと広がっているのです。
 希少種サンゴ群体が見つかったにもかかわらず、工事を強行する
02日、沖縄県は防衛局に対し、公有水面埋立法に関連し、工事停止の行政指導を行いました。
建設予定海域で希少種サンゴ群体が見つかったにもかかわらず、県に報告してこなかったのです。「不適切且つ不誠実。環境保全の視点を欠き、工事進捗を優先する防衛局の姿勢は大変遺憾だ」と批判し、工事を停止した上で、県の立ち入り調査に応じるよう求めました。県は防衛局の特別採補許可申請については、「厳正、且つ適切に対応していく」と言っています。
 海も陸もめちゃくちゃな弾圧
海も陸も不当な逮捕者が出ています。海では、臨時制限区域外だったのに、抗議船の船長が刑事特別法違反で、軍警に捕まりました。また、ゲート前では、障害者が、自分の障害の足をかばったのに、機動隊を殴ったと逮捕しました。そして、1216日、海上搬送に抗議する抗議船に海上保安官が3人乗り込み、抗議船が傾き沈没寸前になり、女性が海に投げ出されました。「弾圧をすれば住民はあきらめるだろう」というのは支配者の考えです。しかし、どんな弾圧に会おうと住民の粘り強い、最後まで諦めない闘いは続くのです。
ライジングサンセキュリテイ社の過大積算
今回、会計検査院がシュワブ・海上警備業務の過大積算を指摘し、ライジングサンセキュリテイ社が外されました。金額の面でもその杜撰さも、さすがに国は放置できなくなったのでしょう。このライジングサンセキュリテイ社のシュワブ・海上警備業務の応募の仕方は1社しか応募しておらず、請負率が99.94%と、予定価格が漏れているとしか考えられません。また、警備員の「日割基礎単価」は7500~10100円であるのに、本件業務では、警備員の日当として39000~90000円も計上していたのです。
 大成建設も叩けば埃の出る体。リニア新幹線工事で、大林組、大成、清水、鹿島が受注調節談合をしたと、名前が上がっています。辺野古新基地建設の入札においても、2014年、大手10社が自民党の政治資金団体、国民政治協会に対して、総額6000万円を献金していました。このうち大成建設は他の6社に比べ1600万円もの大口献金をしていたのです。3つ以上の受注をしたのは大成建設だけです。「仮設工事」「中仕切り岸壁工事」「汚濁防止膜等工事」で総額382億円にものぼります。ほとんど今行われているK1護岸、N5中仕切り工事がそうです。私たちの税金を射水の如く使い、そしてその反対住民に対し、警察権力や海上保安官の公務員を使い暴力を打ち振るう。この大手企業のやり方を許すことはできません。辺野古新基地建設は正に、戦争に群がる死の商人が如く、国民の税金を吸い取る吸い取り口になっているのです。国民の命、沖縄人民の命、人権、権利のことは歯牙にも掛けず、たとえ戦争に向かおうが、ただただ会社の利益だけをむさぼり取ろうとする大手企業のその姿のほんの一角が、このライジングサンセキュリテイ社の事件に表れたにすぎないのです。え          私たち市民は告発を続けます。そして、大成建設が辺野古から撤退するまで抗議を続けます。
(2)個人の訴え   
●Yさん:大成建設は沖縄県名護市辺野古の工事を強行しています。辺野古の海は非常に自然が豊かで、ジュゴンが棲息しています。しかし、この工事のためにジュゴンが来なくなってしまいました。珍しい発見された新しいサンゴ達もいたのですが、死滅しつつあります。大成建設は自然破壊の工事を今すぐ止めて下さい。
沖縄の高江で先日、米軍機が民家の畑の中に墜落しました。この危険な訓練飛行が沖縄の色々な町の上空や学校や保育園のある上空で行われています。高江の畑の中に墜落したヘリコプターも放射性物質がたくさんまき散らされて、その畑が使い物にならなくなってしまいました。畑の土を大型ダンプ20tを何十回も使って、すべて地上の土を運んで行ったのです。それ程までに、放射性物質が危険で畑としては使えなくなってしまったのです。米軍の飛行機やヘリコプターに使っている放射性物質は墜落したりまき散らされたりしたときに、人体にものすごく危険な影響を与えます。墜落するなどと言うことは、もっての外なのです。その地主の人も重要な牧草であったために、沖縄全体のいろんな牛を飼っている農家から引き合いがあったとても優れた牧草だったそうです。それが危険な墜落ヘリコプターの放射能によって二度と使えないような状態になり畑一つ撲滅されてしまったと言う事です。このようなことによって、沖縄の人達の生活が米軍の訓練の危険な墜落などの結果によって、今の危険や生産力がだめになるという、こういうことが起こっています。また先日、普天間飛行場のヘリコプターのドアが上空から落下しました。この下にいたのが保育園の子ども達です。僅か10mの距離に落ちたと言う事です。親が保育園に預けるのは安全だと思う安心があるからです。学校に預ければ安心だとか保育園に預けておいたら安心だと思うからこそ子ども達を預けるのです。しかしながらいつヘリコプターから物が落ちてくるかも分からないというような現実ではどうでしょうか。10数kgもあるドアが落ちてきて地面に叩きつけられるようなことがあって、もし子どもに当たったら即死してしまうかもしれません。そんな所に子ども達を預けたら、親達は心配で仕方がありません。これは米軍の訓練が毎日この民家の上空や町の上空で繰り返されているから起こっていることです。このような訓練を止めてもらいたいというのが住民の気持ちです。ここのところ米軍の訓練のためにたくさんの戦闘機やヘリコプターが日本の上空、特に沖縄や岩国等で墜落を繰り返しています。オスプレイに至っては、政府や米軍の関係者が安全だと言っていましたが、あまりにもよく落ちるので安全率がどんどん下がり、危険率がうなぎ登りに上がっていって、これではこれまで言ってきた安全だと言うことが最早言えません。「良く落ちるヘリコプター、オスプレイ」と世界で言われており、オスプレイに乗る戦闘員は「未亡人製造機」とまで言われるような危険な乗り物です。そのようなオスプレイの訓練を民家の上空で行うなど全くもって住民にとっては命の危険すら起こりかねない重大な事態です。これに対して翁長知事をはじめとして沖縄の住民達が米軍関係者に対して抗議を行いました。しかし、住民が仲裁?されるなら飛行訓練しないと言ったその翌日から訓練を始めているのです。全く口先だけです。日米安保条約の中では日本の道路上を米軍は自由に訓練で飛ぶことが出来、何処に米軍基地を作ってもいいという、非常に米軍にとって都合の良い安保条約が制定されています。そのためいくら日本の中で米軍の関係者が犯罪を行ったとしても、治外法権のように日本の警察が逮捕する前に米兵が基地内に逃げ込んでしまえば、裁くこともなく日本の領土からアメリカに帰って、その罪も問われずに釈放されるという、そういうことが、戦後ずーっと続いてきています。日本の被害に会った住民達の人権など全く虫けらのように扱われられてきたのです。そういう中で、この戦後72年にわたって米軍の被害に会い、怒りを蓄積してきた沖縄の人達が最早我慢できない。戦後米軍基地を作って、そして、米軍犯罪に会ってきたことに対して、これ以上許すことができないと、立ち上がっているのです。名護の辺野古の基地の建設は、このような米軍基地を更に強化するものであり、住民の怒りが非常に高まっています。この大成建設は沖縄の民意の平和を願う心を踏みにじり、強制的に警察の暴力を使って、工事を強行させているのです。それも騙し討ちのように陸上から搬入することが難しいと判断したら、今度は本部の港の方から船で土砂を運んだり、石材を運んだりするような状況になっています。沖縄ではこの土砂の搬入に対して、奥の小学校の子ども達は、たくさんのダンプトラックが行き来するために、学校の生活が非常に危険な状態になるので、奥の住民達は奥の区議会で反対の決議を上げました。そして、この工事のためのダンプの通行や港からの搬出に、総意を上げて反対する行動を行っています。そして道路に寝転んで機動隊の暴力に負けずにトラックを止める行動を毎日行っているのです。
この大成建設の警備をやっている二人の警備員の方達もどちらの側に付くのか考えてもらいたいと思います。機動隊や警察のように大成建設が行っている戦争の基地のために、何をしてもいいんだというような倫理観も、自然破壊をしてもいいんだという何の倫理観もないような、大成建設を守るために叩かれているということに是非一度振り返って考えていただきたいと思います。
●Fさん:大成建設は、今日ですかね、本社の方に多分、東京地検の捜索が入っていると思います。
リニア・モーターカーの工事の問題で、談合をやったということで。以前「談合は二度としないという決意をした」と聞いています。しかし、実はこっそりやられていたんだなと思います。そして、大成建設の問題はこの問題だけではなく、地下鉄の工事の問題、沖縄の識名トンネルの工事の問題、あちこちで問題を起こし、裁判になったりしています。そして、辺野古の工事の受注についてもそうです。この辺野古の工事など、大手企業が辺野古から利益を吸い取る吸い取り口になってるのではないかと思います。この大手企業は例え人々がどんな目に会おうが殺されようが、自分たちがもうかればいいという、そういう企業の在り方そういう在り方でやってきているんです。そして過去の談合のこともマスコミも言ってます。そういう談合がなければ予算がもう少し抑えられ、その分を生活の苦しい人達に回せたのにと。こういう公共事業は税金を如何に企業が吸い取るかその吸い取り口なんですよね。ほんとに許すことはできません。
それから、米軍ヘリから窓枠が落ちたという事件が起きています。沖縄では高江でもそうです。オスプレイは民家の上を通ってはいけないという決まりがあります。民家どころか小学校の上をオスプレイが飛んだと小学生が非常にびっくりして問題になっています。まだ沖縄が本土復帰される前、宮の森小学校に米軍機が落ちて、17人の子ども達が亡くなりました。そして210人の重軽傷者が出ました。それ以来小学校の上は飛ばないようにという約束事があったにもかかわらず、これが守られた試しがありません。
(ここで、録音が切れました。)この事故に対し、翁長知事をはじめ、各市町村議会の抗議の決議が上がっていますが、米軍と日本政府はそれを全く無視し、今日から米軍機の飛行を再開したことは許されない。
それから、辺野古の工事での弾圧は凄まじく、海では抗議船に海上保安官が定員一杯なのに3人乗り込み船が沈没寸前まで傾き、女性が海に投げ出されたこと。別の抗議船の船長が、オイルフェンスがあるので区域内に入れるはずがないのに、軍警に刑特法違反で逮捕されたこと。それからゲート前で障害者が、障害のある足をかばおうとしたのに、殴ったと機動隊が逮捕したこと。などめちゃくちゃな弾圧が続いていること等を訴え、大成建設の即時撤退を訴えたと思います。

2017年12月17日日曜日

大成抗議:12月19日17:30~@新宿センタービル本社前&西新宿地下スタンディング

今年最後の、大成抗議を19日17:30~行います。12月で抗議を始めてから3年が経ちます。私たちはあくまでもあきらめないということを伝えていきましょう。よろしくご参集ください。

2017年11月27日月曜日

大成抗議:11月21日@福岡支社報告

2017.11.21大成建設要請行動報告
 参加人数8人、遠くから、頑張ってきてくれたCiさん、新しい参加者3名と、前回より増えた。玄関前要請書渡しも、5人で心強い。
(1)要請書による訴え(Y2さん)
      
 「辺野古米軍新基地建設工事の受注を撤回し、工事の即時中止を要請します」
 私たちは、沖縄県名護市・辺野古に米軍新基地は作らせないことを選挙で示し、平和のために行動し続ける沖縄県民と連帯して福岡で行動する市民の集まりです。
 大成建設は沖縄の人々の怒りの声を聴いて工事をやめてください
 貴社が強行している辺野古米軍新基地建設は遅れに遅れています。これはゲート前の住民の座り込み闘争の成果です。
 焦った防衛相は、13日からヤンバル・奥港から辺野古への石材海上搬送を始めました。
しかしこんな卑劣なやり方を沖縄の人々は許すことはありません。午前7時半から国頭島ぐるみ会議が呼びかけた抗議行動が取り組まれています。
 大勢の人たちが、道路に座り込み、寝転んだり、機動隊に排除されても、排除されても、何度もダンプの前に戻ってくる。
 防衛局は、数日前、区長に、13日当日に石材の搬送を始めると知らせたのが最初だということです。港には、奥の区民らも抗議にやってきて、「区に十分な説明もしないまま、一方的に港を使うなんて」と憤っています。
区長は、23日に区民総会を開いて賛否を決めると防衛局に伝えましたが、防衛局は、それを待たずに強行したのです。
 区民は「怒りで煮えたぎっている。こんな静かな集落にダンプが1日何回も往復されたらたまらない。年配の人が多く、手押し車で歩いている人も多い。港までの狭い道を通るととても危険だし、許してはいけない」と語っています。
また、国道58号線沿いに、奥小学校があります。これから毎日授業中に、100台のダンプトラックが何往復もするのです。授業に集中できなくなります。小学生は「すばらしい奥の自然をよごさない」と道路に張り出して訴えています。この小学生の声は届かないのでしょうか。この住民の声は届かないのでしょうか。奥では、船での採石搬送を阻止するため、阻止行動への参加を集落内の放送で呼びかけたということです。
  大成建設は沖縄の人々の民意をうけとめてください
 大成建設はなぜ沖縄の人々が、必死の思いで工事を止めるために座り込みをするのか、考えてみてください。
 戦後72年を過ぎても日本の国土面積の約0.6%もの米軍専用施設が存在し続け、状況が改善されない中で、今後200年も使われるであろう辺野古新基地ができることは沖縄県に対し、過重な基地負担を固定化するものであり、とうてい容認できるものではありません。
 沖縄は今日まで自ら基地を提供したことは一度としてありません。
 戦後の米軍占領下、住民が収容所に隔離されている間に無断で集落や畑がつぶされ、日本独立後も武装兵らによる「銃剣とブルドーザー」で居住地などが強制接収されて、住民の意思とはかかわりなく、基地が次々と建設されました。
 土地を奪って、今日まで住民に大きな苦しみを与えておきながら、基地が老朽化したから、世界一危険だから、普天間飛行場の移設は辺野古が唯一の解決策だから沖縄が基地を負担しろというのは理不尽です。
 沖縄を「標的の島」にする辺野古新基地建設をやめてください
 米軍基地があるがゆえに、戦争になったときに攻撃され,住民が犠牲になるのです。
 過去の沖縄戦では20万人の人が殺され、そのうち沖縄県出身者は122228人と言われています。4人に一人が亡くなったという同じ歴史を繰り返さないために座り込んで反対しているのです。
 貴重な辺野古の大浦湾を土砂の投入で破壊しないでください
 辺野古・大浦湾で生息する5800種以上の生物のうち、約1300種は分類されていない生物であり、その多くは新種の可能性があります。 
2016年6月には、2006年からの10年間で、エビやカニ、ハゼなどの新種計26種が相次いで発見されていることが報道され、同年7月には、100年以上ぶりにダルマスナギンチャクの新種が発見されており、貴重な生物の存在が次々と明らかになっています。それらを学術的に調査することもなく、またそれらを保護する一切の措置を施すこともないまま、大成建設は国の手先となって、415億円で請け負った自然破壊の工事を強行しています。金儲けのためなら、どんな自然破壊もやるのですか。
 それは大成建設が表向きの顔で立ち上げた公益信託=大成建設自然・歴史環境基金の理念である、自然環境の保全や再生という考えとどこで一致するのですか。
 大成建設は言っていることとやっていることが違う、貴重な大浦湾の自然破壊をしていることを反省してください。
 大成建設は戦争の出撃拠点、辺野古新基地建設をやめてください。
 2006年に発表した日米ロードマップでは、日米軍の再編をすることを合意しました。そこでは同盟国である日本の自衛隊の役割を強化する、自衛隊に日本の地域を超えた(海外派兵)をもあたえるとされました。
 自衛隊は米軍の同盟軍として米軍の指揮下で米軍の先兵として、アジアや世界中の戦争へ派兵されるように再編されているのです。私たちは戦争に反対です。子供たちに殺すか殺されるかの戦争の世界を残すことはできません。今すぐ戦争の出撃拠点になる辺野古新基地建設をやめてください。
(2)個人の訴え
●Kさん:今沖縄の辺野古で大変なことが起こっている。そういうことを福岡市民の人達にこの辺野古の大浦湾を埋め立てて、人殺しの基地を作るという暴挙、沖縄防衛局、とにかくどれだけ大きな暴挙であるかということについて、福岡市民の人達はほとんどこういうことについて、関心を払う余裕が無いと思いますね。生活を預かっている労働者がほとんどだと思う。日々の暮らしに追われているうちに、その人びとのことを、命のことを、未来のことを考えるのではなく、逆の構造をしている。この国の軍事性、逆のことをしているということに、福岡市民は少しは気がつかないと、このままこの日本の現状が進むと、辺野古の現状が進むと大変なことになると私たちは考えて、この辺野古基地を建設している大成建設に対して、抗議行動を続けています。先ず、私たちは何故ここに来ているか、そして、ここに来ていつも何を言っているのか、そのことがこれから先の沖縄の辺野古の人達とどういう関係があるのか、私たちとどのような関わりがあってこの国の未来とどういう関係があるのかということを少しでもアピールしたいということでここに来ていると思います。何よりも許せないのが、沖縄辺野古、大浦湾周辺の人達、のみならず、沖縄県民を本当に徹底的に苦しめて、精神的にも追い詰めて、生活も命も健康も奪って、沖縄の人達をめちゃくちゃにしているというその事自体、いいですか、沖縄はね前は琉球という所で日本政府が植民地化したのです。同じ人間ですね。同じ人間で、この日本列島に住んでいる、人間僻地においやられて、そして、今この国が進めようとしている戦争政策で犠牲になろうとしている辺野古の人達、住民だけではないね、海の中にはめったに見られない生物ジュゴンそういうきれいな海にしか育つことができない魚、ジュゴン、サンゴなどがあって、沖縄の人達の命を暮らしを育んでいます。私たちはきれいな海と緑のきれいな木々と空気とそれがなければきれいな空気がなければ生きていけない存在である。生物もそう、植物もそう、動物もそう、まして人間はそうですね酸素を吸って、二酸化炭素を出さないと生きていけない存在。きれいな空気、きれいな酸素、安全な食べ物、そして、沖縄の人達を守ってきてこのきれいな海。この海は宝物である。あなた達によごす権利はない。そういう当たり前のことがこの国で通用しないんでしょう。憲法というものがいくらあってもそのことで、住民の人権権利が守られなければそれは絵に描いた餅である。沖縄の人がどんなに苦しんでいるかということを、先ず私たちは、自分の問題として、ちょっとでもいいから、考えて見る必要があるんじゃないでしょうか。いいですか、海というのは、一国の政府がね、基地、基地って言うのは何ですかだいたい。武器を持って、アアミが集まって、沖縄戦であれだけ沖縄の人達を虐殺し、苦しめておきながら、またその最前線に巨大基地を作って、またこの悲劇を繰り返えそうというのか。そのようなことが許されるならば、この国は法治国家でもなければ、日本という国でもありませんね。え~聞いておりますか。大成建設のみなさん。あなた達を取捨する人はおりませんよね。働いてお金を得て生きていかなければならない。でも自分の会社が何をしているのか、権力の手先とか言われて怒りをバーと爆発しないような、そういう人間はですね。いいですか、労働者というのは、公民の命とか暮らしとか、何かの役に立つことで、その役に立つ仕事をすることで、労働者であり得る。というのはおかしいかな?でもそうでしょう。何か他の人の為に、何かを。或いはその人間が使う、何かの道具でも役に立つ道具の一部を作成したり、或いは受注したり、そういう社会全体の益になることを、やるのが、し~ご~と~というものである。でその仕事に従事するのが、労働者というものである。でそういう社会的な公益、人びとの利益になってるからこそ、その利潤がそれに従事する人びとにまた。あなた達は、福岡市民のためになってないんですよ。沖縄の人達の為にももちろんなってませんね。今この国は、戦争政策を進めている。きれいな海も、女性も、子どもも、障害者も、そこに住むお年寄りも、爺さんも婆さんもあったもんじゃありませんね。命というものに対する為政、政治。命というのは人間の命だけじゃないんですよ。いいですか、海の中で健気に生きているきれいなたった一本のサンゴでもそれは命なんです。水一滴でも命なんです。何故なら私たちの命を育んでくれるからなんです。こういう物がないと生きていけないんです。金ですか?金ではないんですよ。金はね手元に少しなければ食べ物も買えないと言うかも知れません。しかし、私たちの命を本当に育んでいる物って何ですか。私たちはそんなに傲慢な人類というのは、そういう植物や動物や土地を支配して、空気まで支配して、そんなことができるんですか?私たちは空気を吸わしてもらい、水を飲ませてもらい、きれいな水を飲ませてもらい、安全で美味しい食べ物を食べさせてもらい、そして、この植物の繊維でできたそういう服を着させてもらって、寒さから凌ぎ、食べ物で飢えを凌ぎ、そうやって自然と一体にならなければ生きていけない哀れな動物なんですよ、人間というのは。だからあなた達に沖縄のきれいな海を、一粒の砂によって汚す権利はないんです。それを国が言ってきたときにあなた達は絶対にそれを拒否しなければいけない。そのような労働者としての権利だけじゃなく、人間としての誇り人間性、普通の当たり前の住民として暮らしている感覚それを取り戻さないと、この国が今向かっているその先、この国が向かおうとしている先。だからこの国に基地、米軍基地なんでしょうけどね、この国に基地なんかあってはならないんです。特に米軍基地。何故この国に基地ができたのでしょう、何故この国は基地を作ったのでしょう。なぜこの国はアメリカの言われるとおり、米軍基地をあちこち作り、そして、自衛隊のこうしゅう場を作り、そのようなことをしなければならなかったのでしょうか。私たち日本人、沖縄の住民の人達、米軍基地は必要ありません。人殺しの道具戦争に向かうための最前線そんなものは必要ありません!
 沖縄から今すぐ米軍基地、海兵隊は出て行ってください。自分の国にお帰りなさい、せめて。いいですか。基地を作ることは許さない。中央がやることではありませんでしょう。あなた達は、上が何と言おうと、国が何と言おうと、県が何と言おうと、市が何と言おうと、行政が何と言おうと、それを拒否する、拒否しなければならない。と言ってもわからないのならば、沖縄の人に聞いて下さい。どれだけ海が自分たちを守ってくれたか、沖縄の海がどれだけ沖縄住民の暮らしを生業を守って、私たちに糧を与え、そしてきれいなサンゴはきれいな海の中で生きていく権利がある。人間と同じ生きていく権利どころか、その命こそが私たちの命を育んでいるのです。これくらいのことが、当たり前で社会に通用しないようになれば、それは殺し合いの社会が待ってるだけです。私たちはこの国が向かおうとしている戦争を絶対に許すことはできません。戦争法、日米安保、国が勝手に住民の命を無視し、暮らしを無視して、そして、あまりにも無神経な沖縄戦で痛みつけられた県民に対するこのような仕打ちが何処にありますか?あまりにも無神経で、私たちの全てを追い詰める、そのやり方を許すことはできません。これ以上沖縄の辺野古の人達を追い詰めないでください。勝手にヘリパットを作り、オスプレイが飛んでいくような、誰が許したのでしょうかね。沖縄の住民はそんなことの望んでませんよ。オスプレイが飛ぶことも、基地があることも、米軍が車で住民をひき逃げすることも何も望んでいない。何一つ沖縄の益になることは一つもない。私たちは出て行かなければならない、あなた達は工事をすぐに中止しなければならない。中止するように大成建設の上部の人は行政の人にお伝えして下さい。「そのような卑劣なまねは私たちはしたくない。日本人としてと言うか、常任として、そのようなことをしてまでしたくはないということを、労働者としてやりたくはない」ということを、是非、上の人に伝えて下さい。
●Fさん
大成建設さん!辺野古新基地建設は、海と陸の暴力と、違法行為の連続で強行されていますね。
 今回、会計検査院がシュワブ・海上警備業務の過大積算を指摘し、ライジングサンセキュリテイ社が外されました。金額の面でもその杜撰さも、さすがに国は放置できなくなったのでしょう。
 今回、会計検査院は20157月~201610月までの3件の人件費46億円の過大積算を指摘しましたが、実はこの3件だけでなく、2016年にもう1件の28億円がライジングサンセキュウリテイ社と契約されているのです。その人件費の過大積算の総額は3件の18884万円と合わせて、3億円近くになるのです。
 会計検査院は、「今後の改善策を求める」に終わっていますが、この過大積算分の返還を求めるべきです。大成建設の共同企業体「大成JV」が係わっている沖縄の「識名トンネル」の不正発覚は沖縄県に返還を求め、沖縄県は58000万円を返還したではないですか。この識名トンネル問題は、住民訴訟で住民が勝利しましたね。しかし、私は不正受給を県にそそのかし懐に入れた企業側「大成JV」が58000万円を全額返還すべきだと思っています。福岡市の地下鉄陥没事故の周辺商店の被害弁償額37290万円は「大成JV」が支払うことになったではありませんか。これも「大成JV」が果たして、本当に支払うかどうか疑っていますけどね。
 さて、話しを戻しますが、このシュワブ・海上警備業務の応募の仕方はライジングサンセキュウリテイ社1社しか応募しておらず、請負率が99.94%と、予定価格が漏れているとしか考えられません。
 また、警備員の「日割基礎単価」は750010100円であるのに、本件業務では、警備員の日当として3900090000円も計上しているのです。しかも、検査院の検査がなされなければこれが通っていたのです。
 大成建設も叩けば埃の出る体ではないですか。
2014年、辺野古新基地建設の入札において、大手10社が自民党の政治資金団体、国民政治協会に対して、総額6000万円を献金していました。このうち大成建設は他の6社に比べ1600万円の大口献金でした。その結果大成建設は最大の受注を勝ち取りました。3つ以上の受注をしたのは大成建設だけです。「仮設工事」「中仕切り岸壁工事」「汚濁防止膜等工事」で総額382億円にものぼります。私たちの税金を射水の如く使い、そして反対する私たち住民に対しては暴力を打ち振るう。この大手企業のやりかたを許すことは出来ません。辺野古新基地建設は正に、戦争に群がる死の商人の如く、国民の税金を吸い取る吸い取り口になっているのです。国民の命、沖縄人民の命、人権、権利のことは歯牙にもにも掛けず、例え戦争に向かおうが、ただただ会社の利益だけをむさぼり取ろうとする大手企業のその姿のほんの一角が、このライジングセキュリテイ社の事件に表れたのです。私たち市民は告発を続けます。そして、大成建設の辺野古からの撤退を強く求めます。

2017年11月19日日曜日

大成抗議:11月21日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&新宿西口地下

定例の大成抗議を21日17:30~新宿センタービル本社前で行います。18時過ぎからは新宿西口地下に移動してスタンディングアピールを行います。よろしくご参集ください。